FC2ブログ
 アニメ/エロゲーの感想や雑記を書いていくサイト。 
--/--/-- --:-- 【スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/10/29 14:04 【未分類
レジャランでロケテやってました、撮影禁止という事もあって別に今急いでやる事もないかなぁとプレイはしなかったのですが一応パンフを貰ってきたので新システムについて少々。以下パンフより+α

・新たな面白さ「クエスト」を導入!
購買部にて様々な種類のクエストを受領できるようになります。クエストごとに設定された条件を達成する事で、カスタマイズアイテムなどの報酬を獲得でき、全国オンライントーナメントの楽しさがより一層広がります。クエストの評判は未だまちまちといったところでしょうか。賛否両論です

・新形式「スロットクイズ」を追加
ドラムを回転して正しい回答を導く、新クイズ形式スロットクイズを採用。直感的に、楽しく解けるクイズ形式になります。まぁ四文字の進化系で四文字がなくなるとか。

・新モード「検定試験モード」を追加!
クイズの問題をジャンルという大きなくくりではなく、野球、漫画、映画などと言ったテーマに沿って出題する検定試験モードを追加します。深い知識、うんちくを試すモードになります。
※ロケテストバージョンには搭載されません。

テーマ:クイズマジックアカデミー - ジャンル:ゲーム

トラックバック(0)  コメント(0)
2007/10/24 17:47 【期待の新作チェック
激戦が予想された11月戦線に大規模な「大人の事情」の介入があり、あかべぇの「G線上の魔王」、CUFFSの「Garden」が来年発売となり何とも肩透かしを喰らった様な心持です、皆様は如何お過ごしでしょうか。

今年は下半期にやり込めるタイプのS・RPGでめぼしい物がイマイチ見つからず現在積みゲーを着々と消化(興味無いヒロインの攻略とかね)する毎日です。上半期は王賊や聖なるかな等もありましたが、あれは一度すべてリセットしてやり直し、の様な長期的やり込み型ではありませんでしたし、いやーまぁ目下12月のアリスの新作「超昂閃忍ハルカ」を待つといった所でしょうかね。

さてさて今月もつらつらと書き記していきたいと思います、今回は本編の前に付録のTECH GIANイレギュラーズの記事から紹介していきます。本編だけでいーよって方は編集画面で54行位スクロールして下さいまし。


表紙がRAITA絵でワーイ、因みにコンシューマー作品はリンクとか書きませんのでー。エロゲーじゃないからねー。


・Vol.7(仮)(RococoWorks)2008年予定
http://www.rococoworks.com/

「カタハネ」を最後に突然の倒産をしてしまったtarte。そして故tarteスタッフである笛先生&J-MENT氏等が新ブランドRococoWorksと処女作Vol.7(仮)を引っさげて戻ってまいりましたと。


・戦場のヴァルキュリア(セガ)2008年春発売予定

RAITA先生のビジュアルを3D化(厳密に言うと違うのか?)している画面を見てすげぇなって思っていたらPS3で発売される作品だったという。サクラ大戦の製作チームを中心にPS3にて開発が進められてきたというセガの最新作です。兵種が歩兵と戦闘車両と対戦車兵だけっていうのが浪漫過ぎます。とても期待出来そうな作品なのですが、当方PS3を持っていない為何とも言えません。箱○で出してよ・・・

・魔界戦記ディスガイア3(日本一ソフトウェア)冬発売予定

新作PSPで出すのかとばっかり、確かにディスガイアシリーズならPS3のキラータイトルになれるかもしれないなぁ、知らんけど。余りコンシューマー事情は専門てレベルじゃないので他の人がその辺色々と考察してくれるでしょう。

そしてPSPで出るディスガイアPORTABLEは追加シナリオ等の新要素と通信対戦機能を新たに搭載。通信対戦機能とかディスガイアにいるのかどーかはイマイチ分からんのですが。


・ティアーズ・トゥ・・・なぁ・・・もういいだろ・・・そろそろエロゲーについて書きたいんだけど。まぁこれは前に紹介したしいいよね。

後は鴉やらエヴァやらプリズムアークなどのアニメの紹介と一寸した対談記事がありまして、他にはガレキ紹介やイラストレーターコラム等。
後燐月シリーズで有名なカワギシケイタロウ先生絵っぽいのがあったのですが、どうやらペンネーム変更思案中らしいです?絵柄的にはどうみても先生っぽいのでおそらくはと。今の所の新PNは和牛(仮)だそうで。
それで今までの先生の絵柄と比べるに今回のカラーページ8ページは随分と「動」の絵が描けるんだなぁと。今まで全くそんなイメージが無かったので一寸吃驚です。そのせいで最初は別人かなぁと思いましたが多分御本人だと思います。何でもこの8ページに描かれている内容で2008年連載開始するみたいで。

その後に中村哲也先生による漫画が8P、巻末には岡崎武士先生による漫画が24Pと

以上イレギュラーズでした。以下本編。


・暁の護衛(しゃんぐりら)2008年発売予定
サイトは未だ無し

・・・恋盾のパクリと言わざるを得ない。いやこれはインスパイアってレベルじゃないだろ。設定面での大きな違いは恋盾の主人公がプロのボディーガードだった事に対して今作はほぼ一般人から何故かボディーガードにされたという所位か。因みにライターはこん僕や魂響~円環の絆~を手がけた衣笠彰梧氏です・・・


・冷徹冷静しかして×××!(Chien)冬発売予定
http://www.chien.jp/reirei/index.html

ヒロインの特徴が
学園に王国を設立する野望を持つ少女(女王様クール)とか
銃器の扱いに長けた主人公の護衛役(溺愛クール)とか
頭脳明晰な年下の幼なじみ(デレクール)とか
感情表現が苦手な大企業のお嬢様(寡黙クール)とか
兵馬に想いを寄せる天才ハッカー(素直クール)とか

何でもクールとか付ければいいってもんじゃねぇよっ!って言いつつも前半の要素とか凄いエロゲーっぽい設定でいいなぁって思ったという。絵柄も悪くない感じなので、でも他とかあるしこれ複数になるのかな?メインビジュ見るに全員同じ原画っぽいですが。
ライターも4人で神無月如月氏、玉沢円氏等が入っていて他はほぼ無名の方々で、まぁこれもエロゲーっぽいですねっ!という。


・魔法の少女シルキーリップ三人の女王候補(WAFFLE)2008年春発売予定
http://www.waffle1999.com/game/29rip/27rip_index.htm

92年にメガドライブで発売した作品のリメイクというのも理解出来ませんが、私が言いたいのは何故18禁となるオリジナルストーリーが大人編なのかということですよ、いや、マジなんで大きくすんの?ちっちゃいままでいーじゃん・・・意味分かんないわ。


・汁だく接待~おかわり二杯目~(WAFFLE)2008年1月下旬発売予定
http://www.waffle1999.com/game/26siru/00_siru_index_c.htm

今までのシリーズと比べてアブノーマル度が高めかな。
まさか画像左の洗濯バサミを用いたプレイがあるとは思いつかなんだ
http://park11.wakwak.com/~tes/hasami.jpg

絵師が只野あきら先生から変わったけどまぁ汁だくというコンセプト的には一緒か。


・サクラの詩(枕)未定
http://www.makura-soft.com/sakura/index.html

こんなに一杯キャラいたっけ^^;つーかホントに登場キャラクター変わってないですか?あれぇ?

http://www.makura-soft.com/sakura/chara_rina.html
このキャラが消えて小硯櫻ってキャラに一寸設定が引き継がれている様な

http://www.makura-soft.com/sakura/chara_rin.html
こっちは随分と違うけどこのキャラが消えて柊ノノ未ってキャラがになっている気がしないでもない

単純に掲載していないだけなのかどーかは知りませんがあれだけ長い凍結期間があったのだからキャラクターの設定が変更されていても何ら驚く事はないなぁという。


・ツイ☆てる(C:drive)11月22日発売予定
http://cdrive-soft.com/tuiteruHP/info.htm

最近流行の女装少年モノーって思ったら一人は正真正銘の女の子なのか、低価格という所が地味に嬉しい。

今月のTECHにはボイスドラマが入っているみたいで。
因みに声優陣は大波こなみさん、新堂真弓さん、成瀬未亜さんです


・Piavキャロットへようこそ!!G.P.
あれ?Piaキャロットでぐぐると
>『Pia♥キャロットへようこそ!!G.P.』マスコットキャラ『ぴあうさ』キャストオーディション開催!
とあるのになんかこの記事が見つからないのですが

しかし懲りないなぁ、ネオPiaキャ。絵師はひなた睦月先生、涼香先生、光星先生と3人でキャラも5人と今までのPiaキャロシリーズと比べるとキャラが少なめか、まぁ原点回帰で隠しキャラとかもいるのかもしれませんが。


・Aster特別版(Rusk)11月9日発売予定
http://www.rusk.tv/aster_index.htm

二週間延期となった本作、あれ前に見た時と随分内容が変わっている様な。今回はメインの話とサブで君恋と同じ様なカップル3組の物語になるみたいですね。特典として過去に作品のノベル版を封入とありますが、これOHPから丸々DL出来てしまうという。


・凌辱学園長/奴隷倶楽部~読心調教録~(CLOCKUP team.ANISE)10月26日発売予定
http://www.clockup.net/ryoujyoku/index.htm

>主人公は手のひらで女性に触れる事で心の声を読み取ってしまう
なんというサイコメトラー、この力を使ってキャラクター達の弱みを握り云々とまぁ直球の凌辱ゲーですね。しかしCLOCKUPのこんなチームいつの間に出来たんだ・・・


・へルタースケルター~白濁の村~(Guilty)11月30日発売予定
http://www.guilty-soft.com/gg30/index.htm

ビートルズの曲じゃないよ。いい設定、輪姦と白濁まみれに拘ったという本作。上の方の汁だく接待よりも汁に対する拘りはこっちからの方が伝わって来る気がします。フルプライスとミドルプライスの違いってのもありますが、上の方のはやっぱり接待シリーズって事で水着系のイメージがあってなぁ。


・侵触2(TOUCHABLE)10月26日→11月30日発売予定
http://www.touchable.jp/frame/index_new.html

見たら延期してたという、今年はイマイチ触手が不作な感じで悲しい限りです。因みに異種姦と触手は違うのです


・サキミダレ(CALIGULA)11月下旬発売予定
http://www.caligulasoft.net/sakimidare.html

・・・ビジュアルが人妻かすみさんにそっくりに見えるんだけど気のせいかな


・うちの妹のばあい純愛版(イージーオー)
http://ego.product.co.jp/soft/nousagi/index.html

うちの妹のばあいっていったら有名なNTRゲーだというのに純愛とか・・・んなに需要あるのだろうか。それからこの作品のキャラクターのビジュアルが前作にも増してとっても異次元になっている件について


・魔法少女アイセットボックス(colors)
サイトは無し

てかこっちじゃなくてcolors名義なのか
http://www.ms-pictures.com/ai/

言わずと知れた触手ゲーの金字塔のシリーズをセットにして低価格でご提供、未プレイの触手好きーさんがいたら是非この機会に。いやでも幾らなんでもリニューアルやらセット販売やら何度もやっていますし、なんだかなぁと思うのですが。まぁ3に対する投資って意味でも若干高いし、もう1セット買おうとまでは思わないかな



何だか凌辱ゲーばっかり紹介してた様な気がしないでもない、年末ってのはそういう時期なのかもしれません。そもそも紹介数が少ない様な気もしますが、まぁこんな時期もあるでしょう。

今年の冬はインガノック、超昂閃忍ハルカ、Dies irae、ChuChuFD、東鳩2AD等に期待しています。
長く楽しませて貰いたいのはこの中で唯一SLG要素を持つハルカですね、凌辱要素はサンプル見る限り高めなのでそこは問題無いとして、エスカレイヤーみたいに色々な種類のエンドがあると嬉しいですね。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

トラックバック(0)  コメント(0)
2007/10/21 22:39 【イベントレポ
これね
http://www.sakakibarayui.com/info/infor_live2007.html

要はゆいにゃんこと榊原ゆいさんのバースデーライブね。マイミクの蒲公英さんにお誘いを受けたのでご同伴に預かりました。蒲公英さん本日は有難う御座いました、そしてお疲れ様でした。

正直暴走した、番号が早かったせいもあってか相当前に行けたのです、更に所謂女性限定ゾーンの後ろのスペースが待機中に何故か柵が取り払われまして最前列にうまく滑り込めてしまったと。最前列でバー前の広いスペースに居るというのに飛んだり跳ねたり出来ないで立っているだけという事が出来るだろうか、いや出来まい。空気的に。

よってはっちゃけました。知らない曲とか28曲中2,3曲、歌詞とか覚えてねぇよって曲も合わせて5曲位ありましたがノリで乗り切った。右腕はもう上がりません、喉は枯れ果てました。まーバテバテになりました。 汗とかやべー。

私の前の方がコールの統率役といいますかコールとか頑張る人だったので一寸その人に引っ張られたってのもありますが。337拍子とかすげー。

あと会場限定サイリュームが何か20分くらいで効果が切れるのね、自前で一本位は用意しておくべきだったと少し後悔。

いちおライブ前にゆいにゃんの曲は一通り攫って予習してあったのでライブとしてはかなり楽しめました、プリズムアークとか最近のもチェックしておいてマジよかったわ。

合間合間ののんさんやチュチュといったエロゲー関連のネタは専門なのでテンション上がった。Dies iraeとChuChuFDの曲はライブでは無かったデス。

何歌ったかとかは名前知らない曲もあったのと歌った曲自体が多かったのと私が疲れていて思い出す元気がないのでリストとかは他の方のレポを参考に。

小ネタの方はバースデーメッセージネタからアンコールネタまで、今回のライブはゆいにゃん曰くミュージカル的といいますかエンターテイメント性を追求したとのことだったので、その点では私も楽しめましたし、今回の試みはとても良かったと思います。

ライコネン様とか噴いたわ、富士スピードウェイネタとか時事ネタ過ぎるwww
アンコーノレはひっかからなかったZE!
AP来年も期待してるZE!

やっぱりこういうライブもいっすよね、楽しさに爆発力があります。

かといってしょっちゅうとなると体力的にも資金的にもキツそうなので年に一桁が一杯一杯ですが。ちょっと専門とはずれますからねー、即売会とかはホームですがこちらはそれに比べてアウェイなので^^;

しかし今回のライブは良かったなー、次回は自発的に行こっと。
勿論ライブ行ってゆいにゃんが更に好きになったのでゆいにゃん関連のアンテナはもうちょっと高くしておきます。


最後に、ライブに参加なされた皆様お疲れ様でした、そして楽しいイベントを有難う御座いました!

テーマ:声優 - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック(0)  コメント(0)
2007/10/20 15:10 【未分類
数日前から何かと騒がれているこの件、都産貿等で成人向け同人の頒布が禁止になるっていうやつです。いやはや世知辛い、表現の自由の保障はどこにいった。

ここが今の所一番分かりやすいかな?
http://addb.s247.xrea.com/index.php?Diary%2F2007-10-17

噛み砕いて言うと公共の施設で同人とかいう猥褻なものを売られちゃ困るんだよっておじちゃんおばちゃんが喚いているという事か。

コスカフェの所にあるんだけど
>東京都内の某所で開催されている即売会の
>趣旨及びそこで販売されている同人誌が公共の施設で販売する事にいささか問題があったこと
>及びそれが問題となった際の主催者側の対応の不味さが指摘されております。

ですってね、まぁ原因追求をしてもしょうがない。遅かれ早かれ叩かれる星の下にあるからね、マイノリティーな趣味だもの。マイノリティー達の世界はマジョリティーにとってはブラックボックス的なものであり見えないものを嫌悪、畏怖するってのは昔からある事です。

民主主義による絶対多数決もいいけど少数派の意見を守るって事も重要だと思うんだよね(はぁと)

さて、今後この問題にはどう対処していけばよいのか

一つにはというかこれは私たちが如何こうするって話ではないけれど一番現実的な主催者側さん方関係者の采配に委ねるという。

主催するのは主催者さん達ですからね、主催者さん達が決めたならしょうがないでしょう。というか仮に勧告を無視して火に油を注ぐ様な真似をされたらそれこそ大事なのですが。

今回の件は関係者全員に致命的なダメージが降りかかるって訳じゃないと思うのですよ、まずこの問題の被害の対象となるのは基本的に都内近郊に住む、又は遠方からいらっしゃるオンリーイベに出向くオタクの皆様(買い手売り手)と都内での小~中規模イベントの主催者さんでしょう。

その中でサークル参加側は都の公共施設以外が会場になっているイベントに出るなりショップに卸すなりすればいいし。買う側もそこで又買えばいい。実質ダメージを蒙るのはきっとそのイベント主催者側。大手サークルさんとか18禁メインの所がどちらかといえば多いでしょ、それ目当てに又一杯来場者来るでしょ。んでまぁこういう言い方は良くないけれど即売会場を市場と見た場合そのイベントの目玉が削られた状態で客足が遠のかない訳が無いと。ケットコムとかやばいでしょ、滅茶苦茶公共施設内でのイベントメインじゃない。

イベントの絶対数が少なくなると同人誌、イベント合わせの新刊が手に入れられる機会も減る訳で、勿論単純にオンリーイベントを求める人達もわんさといますし。オンリーにはオンリーのよさも沢山ありますものね。
やっぱり致命的じゃないって事はないですね、もう少し事態が悪化してしまえば本当に致命的事態になっていくかと思われます。

コミケとかは動くお金とか文化的に云々って話もあって取り潰される事はないって言うけどさ、こういう経済的に大きな影響を与えるって事じゃなくても売り手と買い手と主催者スタッフがいる即売会っていう文化があってさ、これが半ば中傷の様な意思によって潰されるってのは悲しい事だと思うんですよね。

今回の件が通ると芋づる式にって恐れは個人的には余り無いんですよね、例えば日本全てで~なんていったら規制反対の声が本当に大きくなって返って来るでしょう。
成人向け規制の次はーとかホントにそれ許すと表現の自由の侵害にあたってきますしね。一般人の目に付くおそれがある所では~なんてのも管轄が難しいし基準が曖昧過ぎる、県によって市によって何てのもあるかもしれませんが問題となるイベントの絶対量がそう多いという事もないでしょうし、後はそんなことに一々反応出来る程暇な市町村があるのかという事も甚だ疑問ですし。

秋葉原のラジオ会館の一室で~なんてイベントもあるじゃないですか、今後はああいう小規模タイプのイベントが増えたりするのかなぁと考えております。

サンクリも見本提出が始まったなんてこともありましたが、あれは先のイラストレーター事件の時の消しが云々の話なんじゃなかったのかー、サンシャインって株式会社サンシャインの運営でしょ?都の大型施設での禁止みたいなニュアンスがどうこうって話もあるけど未だ色々とソースが不確定だし事態自体もかなりごちゃごちゃしているみたいなのでひとまずここは静観するのが吉かなぁ。

署名を集めて撤回させるっていう手段も取れるけどね、余りこういうオタク関連でそれが撤回出来たという事例は聞いた事無いしなぁ。先導すべき人が本当に面白半分とかノリと勢いで等では無く、常に規制を訴える人々と落ち着いて冷静に、且つ確固とした意見と説得力を持って説明する事が必要なんですよね。まぁ無論相手に伝わるかどうかは定かではありませんが。

しかしそういう表現の規制に関するシンポも結構あるみたいですね、イベントの後とか結構やってるじゃないですか。とりあえず私レベルでどうなるって話とは思えないのでここは他の方に任せて静観ですかね、しかしここで動かずに私と同じ様に静観してしまって結局何も出来ないまま虐げられるというのが一つのオタク気質として謳われることがありますね。ただ、いつまでもそう唯々諾々とし続けるって勘違いしない方がいいとも思いますね。マイノリティーだろうが意見をちゃんと持ってる人の力は強いんですよ?ましてやこの件に関しては根源に欲望なるものもあったりしますしね。

テーマ:ゲーム、アニメ、その他 - ジャンル:ニュース

トラックバック(0)  コメント(0)
2007/10/13 18:52 【エロゲー感想
ALICE♥ぱれーど感想ね。

良いキャラゲーです。思ったよりも面白かったなと。

エロゲーらしいエロゲーですよ。主人公モテモテ、頻繁に起こるHシーン。原画家さんも新人でありながら某富士壷レベルのオーラを醸し出しているという本作。

プレイ時間数は短いです、全ルート含めてHシーンを全部読んでも5時間かかるかかからないか。当方少々読むのが早めなので+1時間位が目安になるかと思いますが、それにしても短めですね。そのせいもあってか共通シナリオも多めです、お茶会面々も最初の方は一緒くたですし。まぁそれはそれで同時攻略がしやすいという所もありますが。

シナリオに関してはメインヒロインである深織ルートが若干真面目でファンタジー要素があるのですが、そこまで深い描写も無く展開も早いです。他ヒロインシナリオは特に障害も無いまま只只ヒロイン達といちゃいちゃするという。まぁキャラゲーという事で割り切って楽しむのが吉かと。攻略順序としては矢張り深織ルートで夢の国における重大なネタバレがあるので深織を一番最後にもってくるのがいいかと、後は別にどの順番でも問題は無いと思います。

深織ラヴェニア、お茶会組、猫白絹でライターは違うのかな?特に後ろ二つは同じ夢の国ヒロイン達のシナリオでありながら結構違いが感じられました。お茶会組の方はちゃんと皆結婚式までやるので後味がとっても良く、好ましく感じました。

元ネタである「不思議の国のアリス」ネタは殆どありません、全く知らなくても問題がない位の関係の無さです。

テキストはまったり&いちゃいちゃです、読んでて退屈はしなかった(くどい様ですが本当に短かいせいもあるでしょうが)ので特に問題は無いです。

Hシーンはテキストはそこまで濃くはないですが、まぁぼちぼち。
基本はいちゃいちゃ純愛Hなのですが、淫乱キャラのルナのHシーンのみ微陵辱要素があります。相手は主人公でルナの妄想なのですが仮想人妻NTR、仮想電車痴漢シーン等が楽しめます。それ以外にもこの主人公は半ばレイプ気味にHシーンに突入し出すところがあるのですが、まぁ別にヒロイン達は本気で嫌がったりもしませんし陵辱とは言えない代物なんですけどね。

あとはMドリのこともそうだけど一寸だけマゾに対するシーンには拘りがある感じがあります、個人的にラヴィニア様のニーソ足コキが一回だけなのはショックでした。

Hシーン数
深織…5(内3回は深織END後のEXTRAシナリオで)
ねこさん…6
ルナ…6
ラヴィニア…5
シルク…6
ファニー…6
山根さん…5
3P4Pルージュ13…3


キャラゲーという位ですし、全般的にキャラ達は可愛いかったですね。私的お気に入りキャラはお茶会組でしょうか、発売前はビジュアル的にもラヴェニア様一強だったのですがプレイしていてもうファニーちゃんが可愛くて可愛くてしょうがなくなってしまったという。ラヴェニア様も夢の国組では一寸赴きが違うシナリオだったので、シナリオに恵まれなかったとは言いませんがキャラゲーのシナリオとしては思い入れが深くなるのはニヤニヤするシーンが多かった方なのではという。

主人公の名前がありすっていうのはやっぱり所々気になりましたが、まぁ慣れましょう。

ゲームシステムは主人公がヒロイン達がいる場所を選択して意中のヒロインに会っていくというポピュラーなタイプ。1イベントにつき行動回数は大体3ぐらい(違う所もあります)、1回行動したらそのイベでの行動は終了出来るので一人のヒロインだけをおっかけたい場合はこのシステムが有用です。クリスマスイベが終わった時にルート判定がありますが、同時攻略が出来ないキャラもいそうです。あるイベントを見ないと見られないイベントもある様で(どちらとも一寸ずつ会う事が条件?)シルクと山根さんの相性の悪さイベ、ファニーちゃんの世界征服とお店の話など。


ビジュアルはのい、ず先生ですのでここは流石の一言。この作品を買われる方の9割9分9厘位はこれ目的でしょうしね。ただ、一寸一枚絵の枚数は少なめです。ヒロインが7人いますが全員HシーンCG枚数は差分含めずに一桁、Hシーン以外を含めても深織が13枚、他は全員一桁です。後少々気になったのがHシーンで舌を出すビジュアルにどうにも妙な感じが・・・あの舌の大きさは絵柄に合わせて、との事なのでしょうが何とも慣れないなぁと。

ぺろ先生のSD絵も可愛くて良かったです、一部SD絵が可愛くて可愛くてもー。

演出は良好でした。視点ずらし、引き等頻繁に使われます。
特に良かったと思えたシーンはお茶会での椅子取りゲーム、パーティでねこさんのドレスアップが行われるシーンですかね。

声優陣も頑張っていましたね、特にスーパーヴォイスによるMドリの熱演と海原エレナさんによるラヴェニアの演技は又新しい境地を見せてくれたなと。


元々シナリオ目的で買った訳では無く、こういう類のゲームだろうと思って買ったのですが予想よりもキャラが可愛くて私的には満足です。


ALICEぱれーど ~ふたりのアリスと不思議な乙女たち~ 初回限定版 (+Amazon.co.jp オリジナルスティックポスター1枚付) ALICEぱれーど ~ふたりのアリスと不思議な乙女たち~ 初回限定版 (+Amazon.co.jp オリジナルスティックポスター1枚付)
Windows (2007/10/12)
ソフパル

この商品の詳細を見る



ALICEぱれーど応援中!

ALICEぱれーど応援中!
ALICEぱれーど応援中!
ALICEぱれーど応援中!
ALICEぱれーど応援中!

ALICEぱれーど応援中!

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

トラックバック(0)  コメント(0)
2007/10/05 22:07 【期待の新作チェック
先に巡回からー、めぼしい更新があった所のみ書きます

・アリスソフト
「お嬢様をいいなりにするゲーム」明日発売、だぶせんは回避しましたが今回は買います。ところではちまん氏って退社したの?んで今作とりさんメインなの?そうしたら是が非でも絶対購入なのですけれど。

とりあえずアリスはハルカは期待しているけれどその次はどーなるんでしょうね、ハニホンももう無いし。そろそろにょシリーズ最新作が欲しいっていって3年位経つ訳ですが。キャラのストックはもう十二分にあるでしょうし、正宗とかは絶対に出ますねっ!

アトリエコーナーを久し振りに見たらこれ又本当に久し振りにディカキスを発見。ママトトキャラとか描きたくなってきました。

後は織音先生のお家ホント大変そうですね・・・一ファンとしてはこの様な事情があるのならば幾らでも次作品は待ちますよ、と。

・エフアンドシー

ティルアぱにっく(F&C)2007年11月22日発売予定
『ティルアぱにっく』応援中っ!

この設定は天空のシンフォニア2で味を占めたか、2を買った人の多くは無印が面白かったと感じた人であって、決してあの特殊な設定に魅かれた人ばかりでは無いと思うのですがね

・light

Dies irae(light)11月16日発売予定
『Dies irae』応援中!

http://www.light.gr.jp/light/products/diesirae/item.htm
Dies iraeメッセサンオーで買う事決定。

・propeller
何を隠そうエルネスタさんのコメントの10分の1を書いたのは私でs
コゼットの人気とヘルの不人気は一寸意外。

・Liarsoft

『赫炎のインガノック』応援中っ!


赫炎のインガノックのページ色々と更新
体験版もDL開始、今DLしてます。

・タイトルの件

MOON PHASEさんとこで出てるのならマジなんでしょうね、スタッフもマジっぽいですし

制作ゼクシズでキャラデザは奥田淳氏、監督は橘秀樹氏?作監じゃなくて監督この人がやるのか

そして 


>シリーズ構成花田十輝


・・・説明しよう

Wikipedia先生曰く
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E7%94%B0%E5%8D%81%E8%BC%9D
はてなダイアリー先生曰く
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%b2%d6%c5%c4%bd%bd%b5%b1

コーションですよ、ていうか原作のテーマ結構難しめなので十中八九地雷アニメになるんじゃないかと

つ原作レビュー(※ネタバレ満載なので未プレイの方は注意)
http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/memo.php?game=7471&uid=kurage

√after and anotherの発売も今月なんですよね・・・早いわぁ


・ドラゴノーツ
一話からGONZOの本領発揮過ぎます
GONZO信者なら見るべきですっ!あと随分とおっぱいに力入れているアニメなので同人誌期待。

・ご愁傷様二宮くん
視聴続行決定(性的な意味で
キャラ可愛いですしね。後、頭使わないでまったり観られそうですし

・逮捕しちゃうぞフルスロットル
お約束な超展開が逮捕しちゃうぞ節
中島くんがここぞという時に活躍しないのが逮捕しちゃうぞ節
実はドリフトアニメなんじゃないかと思わせるのが逮捕しちゃうぞ節
脚ブレーキしちゃうのが逮捕しちゃうぞ節
作画崩れるのが逮捕しちゃうぞ節

いつもの逮捕しちゃうぞです。頼子の声が前より可愛くなった気がします。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

トラックバック(0)  コメント(0)
2007/10/05 04:28 【アニメ感想
これ原作やってから観た方がいいと思う、前提として原作プレイ推奨アニメな感じです。多分今後その嫌いが強くなっていくのではないかなと。元々のボリュームがとても多いせいもあるだろうけど全般的に端折り気味。一話からして相当話詰め込んでありました。特に渚関連の展開が早過ぎ。


自己紹介~古河パン屋~演劇といく流れが兎に角鬼早い、何でこんな急に仲良くなってるんだと原作プレイヤーでも吃驚です。渚の中原ボイスはコンシューマー化の時からメインヒロインということもあって散々流れていたので慣れてしまってますね。早苗さんが喜久子姉ぇなのは私の持っているイメージと随分と違う・・・秋生パパが置鮎ボイスなのは何かすげぇなっ!
しかしあの食卓懐かしいですね・・・

朋也くんは何かだーまえの自画像に目つきが似てますね、春原の部屋に行く時とかそう感じました。ところで家に帰った時親父に声かけたかな?まぁ巻き巻きなのでしょうがないのかもしれませんが、あと親父こんな声なのか。

春原関連は基本的にネタは大幅カット、あの寮でのやりとりは圧倒的に原作の方が上でしょう。それでもアニメで全部やる訳にもいかないからああいう最低限に留めておくっていう手法は正しいと思う。

椋はかんちボイスなのね・・・これの違和感は最後までありそうだけど椋関連の話は沢山やるとは思えない、勝平が出てこないと聞いたのが本当なら、なのですが。そして目下最大の不安は能登ことみな訳だが
逆に杏は凄い合ってると思う、つーか動きが加えられた事によって随分と良い具合に仕上がってる。正直CLANNADアニメは私にとって杏の株を上げる媒体の意味合いが一番強いのかもしれない。

初智代のシーンと聞いてフラグ云々考えた人は自力攻略した同志かもしれない、ほーこボイスは全然有りですね。智代はアニメ版にどういう風に絡んでいくのだろうか、っていうかゾリオン編と草野球編あるよねっ!折角のアニメという媒体なのだから是非にやって貰いたい所。

ED。おい・・・ちょっと待てこれは不意打ちだろ・・・何かを観ていて泣いたのって久し振りだな


全般的に勿論アニメとしてのクオリティは素晴らしかった、流石は京アニです。ただ今作の場合AIRやKanonのアニメ化の時とは随分と違う点があると思うのです。その話は又次回の日記で。(次々回かもしれません)

テーマ:CLANNAD - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック(0)  コメント(0)
2007/10/02 21:46 【応援中
ツイ☆てる応援中!

ツイ☆てる応援中!

ツイ☆てる応援中!

ツイ☆てる応援中!

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

トラックバック(0)  コメント(0)
2007/10/01 20:28 【未分類
参考資料

放送直前!2007年-秋-アニメ新番組予告集 再うpその1、2
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1180362
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1180495

紹介はこの順↑でいきます。本当に眼中にないものは幾つか省いてマス

アニメ新番組情報
http://www6.cds.ne.jp/~maimu/anime/sinban.html

評価は三段階で、まぁ始まる前なので目安程度に。
合言葉はとりあえず一話。

○絶対観る
△どうだろ
×観ないかも


○CLANNAD(京都アニメーション) 原作プレイ済み
http://www.tbs.co.jp/clannad/

これに関しては言わずもがなでしょう。まぁ来期最本命ですしね。

因みに私は鍵作品の中でCLANNADが一番好きです、あれは極致の一つだと
思っています。エロゲじゃないけど。


×D.C.II ~ダ・カーポII~(feel.)原作未プレイ
http://www.starchild.co.jp/special/dc2/

はいはいスタチャスタチャっていうキャストですね。原作未プレイですが勿論声優は原作とは違うのでしょうねって思ったら何人かは同じなの?mjk。まぁでも何といいますかもう流石に。今期は他にもギャルゲ原作のアニメが多いので相対的にも優先度が低いかなぁと。とかいって結局観続けるのが私なのですが。


△灼眼のシャナⅡ(J.C.STAFF)原作未読
http://www.shakugan.com/

BGMかっこいい。一期は結局惰性で全部観た感じ。くぎゅ分はハヤテあるし昔ほど不足していないからいいとは思うけど、やっぱり抑えておかないといけないかもとも思うので。


×プリズム・アーク(FRONTLINE)原作未プレイ
http://www.p-ark.tv/

監督大張ってどういうことだwロボットアニメなのかこれは。天使だかなんだかが出てるってのは知ってるけどそういう方面でも期待してもいいのかなぁ?そして制作はFRONTLINE。初元請無し作品ですが、さてはてどんな風になる事やら。


△キミキス(J.C.STAFF)原作未プレイ
http://www.enterbrain.co.jp/game_site/kimikiss/anime01.html

監督はカサヰケンイチ氏(のだめとかハチクロとか)、これは化けるかも分からんね。J.C.は今期2本あるけど大丈夫なのかね、作画面ではかなり信頼おけるトコですし杞憂かな。


○ef - a tale of memories.(SHAFT)原作プレイ済み
http://www.ef-memo.com/
リンク先音出ます、音量注意!

そう、見てみたらシャフト制作で監督新房なんだよねw原作あれだと原作レイプしてネタアニメ化するのも難しいだろうし、シリアスシャフトなんだろうね。シリアスシャフトはだれるってとこに定評があるんだけれど、作画は良いんだよなぁ・・・まぁとりあえず1話ですね。しかし普通のテレビアニメで天門音楽とか何か凄いわ。


×ナイトウィザード(ハルフィルムメーカー)原作未読
http://www.nightwizard.jp/

コメントし辛い、これ系も今期結構あるのでいいかなと。後私的にクリーチャーの描き方がちゃちぃシリアス系は地雷だっていう意識があります。監督の山本裕介氏は演出家としては結構好き。


○こどものじかん(スタジオバルセロナ)原作既読
http://www.kojika-anime.com/

私が観ない訳無いじゃないですか!(cv.神谷浩史
前も書きましたがここも初元請無し制作ですので作画崩れとかは心配。
もえたんはさして興味ありませんでしたが、こっちはねっ!


△Myself;yourself(動画工房?)原作は11月29日発売予定
http://www.anime-myyour.com/

OHPに何で制作会社が載ってないのだろうか。あとこの作品の原作製作元がレジスタって会社で発売元がイエティって会社なのね、ややこしい。

監督のQzoって誰だろう?って調べたら黒田やすひろ氏(ちょこSisの監督)の事なのね。
とりあえず一話紹介キャプ見る限り微妙そう、いとうかなこソングを地上波で聞けるのはいーと思うけどねー。後ギガロマニアックスとは違うのな。


×BLUEDROP(ビースタック、旭プロダクション )原作未読
http://blue-drop.jp/

プロモ見てもスタッフみてもイマイチ掴めない作品。とりあえず一話観て面白かったら観続けるかもー。


△レンタルマギカ(ZEXCS Inc.)原作未読
http://www.kadokawa.co.jp/sneaker/magica/animation/

護くんに女神の祝福をって結局評価はどんな感じだったのだろうか。数話観て中々だなって思っていましたがWOWOWとか見逃すんですよn
あとあの変な髪形の女の子が一寸耐えられなかったのです、まぁそれはいいとしてとりあえず一話観てます。期待した程では無かったって感じで終わりそうです、今結構面白そうだなって思ってるんで。


×もっけ(マッドハウス)原作未読
http://avexmovie.jp/lineup/mokke/

ほのぼの系か、んーでも後一押し位欲しい所。ちょっと惹かれるものが足りない。原作の方は一寸読んでみたい感じはしますね。監督はアイシールド21とかの人・・・?なんとも。


○スケッチブック ~full color's~(ハルフィルムメーカー)原作既読
http://www.sketch-full.net/

ハルフィルムメーカーも今期2本、監督平池芳正氏・・・GONZOアニメじゃん^^;オリジナルはほのぼの系なのでGONZOの本領発揮は無いでしょうが、まぁ無難に良作であると期待してます。


○バンブーブレード(AIC A.S.T.A.)原作未読
http://www.bambooblade.jp/pc/

なんで斉藤久氏が監督なんだろう・・・プロモ観て面白そうだなぁと思っています、AICですしクオリティも大丈夫かな。掲載はヤングガンガンかー、あれはアンテナ外だからちょっと触ってみようかなーと。


○DRAGONAUT -THE RESONANCE-(GONZO)オリジナル作品なのかな?
http://www.dragonaut.com/

一アニメとして期待しています。原作有りと無しじゃやっぱ全然期待するところが違います。普通に面白そうですし、ラストはGONZOがやらかしてくれそうな匂いがします(褒め言葉


○げんしけん2(アームス)原作既読
http://www.genshiken.info/

まぁ原作好きなんで、あぁでもOVA観てないんですよね。おぎちんはもういるのか。今期は一寸監督が気になりますが。


○逮捕しちゃうぞフルスロットル(スタジオディーン)原作既読
http://www.tbs.co.jp/anime/taiho/

女神さまもずっと観ていましたし多分これも観ますよ。消防時代から好きな作品ですし。何でもいいけど大畑晃一氏の監督作品って上手い具合に一つも観た事ないんだよね・・・


×素敵探偵ラビリンス(スタジオディーン)原作未読
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/labyrins/

・・・ロキ?


×しゅごキャラ!(サテライト)原作未読
http://shugo-chara.com/

深夜33時半からだしいいかな、と。


○機動戦士ガンダム00(サンライズ)オリジナル
http://www.gundam00.net/

観ますとも、ガンダムシリーズだしねー。同人誌も一杯出るだろうしねー(ここ重要。ぁ、BLはいいっす><ていうか曲ラルクかよw

あとこれはギアスと同じ感じで25話までやって一回切るのね。流行なのかな。そういやギアスって未だやんないの・・・?


△獣神演武(スタジオフラッグ)原作未読
http://www.jyushin.jp/top.html

深夜なんだ、観るかも。


○逆境無頼カイジ(マッドハウス)原作既読
http://www.ntv.co.jp/kaiji/index2.html

ざわ・・・ざわ・・・


×脳噛ネウロ(マッドハウス)原作未読
http://www.ntv.co.jp/neuro/

読んでないんでアニメもスルー。読みきりの時とかは読んだけど連載してからは読んでないという。
ていうかなんなんだ今期のマッドハウスはwカオス過ぎる


○神霊狩/GHOST HOUND(Production I.G)原作はアニメがオリジナルなのかな
http://www.wowow.co.jp/anime/ghosthound/

I.G×シロマサ。観るっきゃない。意外とキャラデザがおとなしいですね。


△みなみけ(童夢)原作未読
http://www.starchild.co.jp/special/minami-ke/

来年の2期とスタッフが全部違う件について。まぁ特に2期の作画崩れは心配です。誰か原作貸してください。


×しおんの王(スタジオディーン)原作未読
http://www.shion-oh.com/

なんじゃこりゃ。設定からしてかなりぶっとんでいるのだけれど。
しかしディーンも今期多いなぁ。



△以上は17作品。まぁこんなもんでしょ。でも結構継続して観たいなという作品は多いので前期よりは多めかな。つかもう番組変革期始まってる事に吃驚だわ。

番外

○こはるびより(童夢)原作未読
http://www.koharubiyori.net/

OVAです。At-xで先行上映あるみたいです。電波OP。日本病気過ぎる。これは観るしかねぇ・・・




一寸宣伝。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック(1)  コメント(0)
プロフィール

海月

Author:海月
当BLOGではレビューや批評ではなく感想と表記。




    follow me on Twitter



    批評空間
    http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/user_infomation.php?user=kurage

    作品評価データベース
    http://www.accessup.org/pj/6_B3A4B7EEA4B5A4F3/profile.html

    filn
    http://filn.jp/friend.pl?id=522

    mixi
    http://mixi.jp/show_friend.pl?id=5480529

    コミックダッシュ!
    コミックダッシュ! kurage の所有コミック







    最近の記事
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブロとも申請フォーム
    ブログ内検索
    応援中!
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。