FC2ブログ
 アニメ/エロゲーの感想や雑記を書いていくサイト。 
--/--/-- --:-- 【スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/09/29 01:03 【アニメ感想
敢えて酷評する。C.C.ほっぽり放しは頂けない、結果的にギアス関係の話は唐突な父母消滅、なにこのガンソードの話の所で区切りつけたからもういいの?いやいや両目ギアスになったんだからC.C.も殺せるじゃない、最後ルルーシュが全ての悪意を向けられて死ぬって形にするならC.C.も含めて残された者全てを救済してナンボだと思うんだ、出来るんだからさ。C.C.孕ませて実は子供がってのも有りだったと思う、ルルーシュが死ぬENDは話の流れとしては理解出来るが気に入らないのでそういう視聴者に対する救いも欲しかったなぁ。

今年のアニメ2大ガッカリのもう片方のマクロスFの最後を私はそれなりに良かったと評している。
一応ハッピーエンドだからね、ランカが戦犯であるとかそういう後引きもあるけど、一応は大団円で終わる。私が作品に求めるのはこういった後味の良さであって、悪さじゃない。

言いたいことは他にも色々あるけど、もう完結したんだし長々と書いてもしょうがないので以下箇条書きで幾つか

・R2で最も評価出来る所はジェレミア卿の扱い。
・最終話のナナリーは可愛かった。
・2からの新キャラ勢の扱いは概ね酷い、売り上げ向上の為のキャラ増員は分かるが本編の流れの妨げにも一躍買ってしまったのはジレンマだね。
・ロロとシャーリーは殺さなくてよかったと思う、犠牲を無駄にしない系の話はユフィ一人で十分だし、一期である程度完結してるキャラを呼び戻して殺すってのはねぇ。
・つーかロロはホント能力を使っての戦い以上の活躍をしなかったな。
・アーニャやっつけ過ぎワロタ、ジノなんて特にエピソードも無くてもっと可哀想です><
・ドラマCDも聴いているこっちからしてみればルル、スザ、ナナの関係がサブファクターでしかなかったのはどうかと思う。
・正直ルルとカレン、C.C.がいちゃいちゃしてれば他には何もいらなかった。
・花火・・・リヴァルとかはもっと活躍させてもよかったかもしれない。二期の日常、聖域担当は会長とリヴァルではあるけれど、後半その設定は特に活かされてないしなぁ。
・話を引っ張って置いてあっさり倒すのが今作の特徴。厨過ぎる能力も考えものだね。
・作り込まれた破天荒な展開とその場凌ぎの超展開ってのは全然違う、本作は暴走し過ぎ。構成ってのを自分が気にしすぎなのだろうが・・・そこはまぁ好みだからしゃーない。
・V.V.なんてもう誰も覚えてない。
・シュナイゼルの副官は結局何だったのか。
・変則クール作品は鬼門のジンクスを打ち破ってくれなかったのは残念。つーかこれは限りなくそれが悪い方に働いたと思う。

良くも悪くも振り回してくれた作品であったが、所詮はキャラアニメであって物語自体が心に残ることはないだろう。作品性よりも娯楽性を追求したアニメの典型だと思う。

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01
(2008/08/22)
福山 潤水島大宙

商品詳細を見る

テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック(0) 
2008/09/27 22:45 【エロゲー感想
AVGでなかったらもう少し良かったかもしれない。


サブキャラクター達のキャラが立ち過ぎていて、本筋が余り良くないっていう作品。
光る所はあるけれど、本編に難多しって感じ。

一番大きいガッカリは、話の流れとかテンポが悪い、構成が妙ちきりん。


まず回想シーンは幾らなんでも多過ぎる、作品中のシーンの半分は回想なのではって位の量があり、挿入箇所も集中し過ぎてて又回想っすか・・・みたいな事も屡。

大蛇ネタと黒白ネタはせめてどっちかに絞るべきだったと思う。後者は上手くこの世界観の中で抑えられていた感じはあるが、前者は黒白ネタの流れを阻害して話の方向性を拡散していた様に見えたし、そこまで必要な要素ではなかったと思う。綺羅が作品内での使われ方がアドバイザーかレイプ要員、で最終戦で輪舞と同じ位にしか目立ってないのがなぁ、前作とかなり繋がりが強いキャラではあるけれど、これこそ別ラインで描くべきだったと思う。有馬達登場は前作プレイヤーとしては嬉しかったけどねー。

あと本筋の一つの山場としてスンヤの話、あそこを超えてから敵と全然戦わなくなったり、いばらが一定時間元の姿にっていう話があったりと、かなり話の流れが停滞して来たのは良くなかったと思う。後者はこの手のシリアス作品におけるお約束の、凪的な話が入ったりするのは理解出来るけど、せめて戦闘パートがあって日常と戦闘で明確なメリハリがあったらこういう文章だけの作品特有の冗長さみたいなのはかなり軽減されるとは思うのだけれどね。異形もあんだけレパートリー揃えた割に戦闘シーンがあんな感じじゃ勿体無いってのもあった。

それから、話に関わってくるキャラの頭数がこれ位の尺のAVGでやるには少な過ぎて、冗長に感じてしまったのも一つ。ベリルとか勿体無さ過ぎでしょ、敵で掘り下げられるのが黒夫婦、御堂さま、執事しかいないし、ベリルのエピソードは入れてもいいんじゃ?と。敵さん全員序盤から出張ってるので新たな敵がwkdkみたいな事も無くて、割と最初の方から皆出てるので物語を進めていく上での新鮮さが無いのが、こういうシリアスバトルモノっていう媒体でのボトルネックになってると思う。

主人公は行動パターンが終盤になっていくにつれてどんどん理解出来なくなってきて、ヘタレ→ちょっと更正→理解不能みたいな流れだったので余り思いいれが無い。最初の方の邪気と戦ってた時が他キャラに流されたりもせず、自分一人で頑張ってた感じで一番キャラが立っていたようでもあったかな。

序盤~中盤にかけてスンヤの話が多めにあって、主人公達はかなりスンヤに喰われてしまってる。終盤では執事とリコリスが主人公達を喰っちゃてて、イマイチビルでのクライマックスの流れが「あぁ、まだやってたの」って感じになってて、急に天使とかラジエルの書とか言われても、結局最後の説明で分かるまで置いてけぼりにされたまんまになるし、戦闘シーンも態々武器がパワーアップしたのに有効活用する場がないまま他の人とかいばら主体で進むし、魅せ場が主人公を置いてけぼりにした場所にばっかりあったのも歪感はあった。いばらやドリー、柚希はそんなに悪くなく、いばら以外はクライマックスでもうちょっと魅せ場を増やして上げても良かったんじゃって思う位。

そんな中でエンディングエピソードが多目なのは救いではあるが。あれで柚希ENDが無いのは悲しいしグッド!Trueではいばらと併せてドリーのエピソードを入れたってのも良判断かと。リコリスも終盤でえ、ここまでして幸せにして上げないの?マジかよとか思っていた中、後日談で少し救われたのは良かった・・・かな。輪廻ネタが本編にそこまで無かったので唐突感は否めなかったけどね。
あぁあと、ダークエンドはドリーと戦ったり、陵辱みたいなとこまでちゃんと描いて欲しかった。トゥルーとあのENDこそ絶対に必要なENDなんじゃないかなぁとは思う。

AliveZ(アライヴズ)AliveZ(アライヴズ)
(2008/09/26)
Windows

商品詳細を見る

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

トラックバック(0) 
2008/09/02 01:38 【応援中
姫巫女・繊月 応援バナーキャンペーン!姫巫女・繊月 応援バナーキャンペーン!

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

トラックバック(0) 
プロフィール

海月

Author:海月
当BLOGではレビューや批評ではなく感想と表記。




    follow me on Twitter



    批評空間
    http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/user_infomation.php?user=kurage

    作品評価データベース
    http://www.accessup.org/pj/6_B3A4B7EEA4B5A4F3/profile.html

    filn
    http://filn.jp/friend.pl?id=522

    mixi
    http://mixi.jp/show_friend.pl?id=5480529

    コミックダッシュ!
    コミックダッシュ! kurage の所有コミック







    最近の記事
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブロとも申請フォーム
    ブログ内検索
    応援中!
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。