FC2ブログ
 アニメ/エロゲーの感想や雑記を書いていくサイト。 
--/--/-- --:-- 【スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/11/26 23:21 【エロゲー感想
60点

陵辱がまったくないハルカみたいな作品だった。

コンセプトはいいのに、それにアリスらしさが皆無でかなり薄味に仕上がっている。
キャッチーというよりライトで全体的にぬるい。
最近の一連の低価格ソフトの系譜。この分だと矢張り大帝国不安だなー。


まず陵辱は絶対期待してはいけない。

別に戦闘で負けてもHシーンとか無い、男心教だろうが金瓢箪だろうが、
男メインの宗教団体に戦闘で負けても陵辱Hシーンはない。

和姦抜きゲーとしては○かもしれないが、シナリオに関してはその抜きゲーの範疇を出ない。

闘神都市Ⅲに進み方は近いのだけれど、シナリオの起伏は殆どなく印象に残るようなシーンも余り無かった。
あの二年目のような燃える展開もなくただ淡々と次から次へと敵を倒していくだけ。
ホントに内容スッカスカなんだよなー……シナリオには期待するだけ無駄な感じ。
そんなに長くはなくて、多分数時間プレイを数日間でコンプ可能なゲーム。

個人的に致命的だなって思った点は後半人工的な神通力がーの話一色になって、
どの宗教団体も話に個性が無かった点。
どんな敵が出てこよーがやること一緒で、設定を上手く料理出来てない手抜きに見えた。

テキストは三流。主人公の口調がラノベのギャグキャラみたいで気持ち悪いし、安易なパロネタも寒さに拍車をかけている。
とりあえず入れてみました的なギャグが真面目な話してる時にはいって冷める位の役割は果たしていた。

ヒロインたちもサブヒロインたちとそんなに変わらない扱いで掘り下げは深くなくて、
展開もヒロインごとに変わったりせずに重くない。
サブヒロインといってもそれなりにイベントは用意されていて、
各3回位Hシーンがあるのが十数人かな。

Hシーンのボリュームは70個位で及第点、だけど全部和姦で短いのも多い。
だから和姦ゲーとして、あとサブヒロインにも可愛い子はいるし萌えゲーとして見るべき作品なんだと思う。
多分本作の一番良い点だろう、ここで満足出来れば幸せになれる。

ただ俺は金瓢箪のCGとか見て陵辱色もあると判断を誤った。
そんな自分からすると地雷かなぁ、和姦抜きゲー買うつもりはなかったんだ。


ゲームシステムは温い、特に頭を捻るようなタイプではなく難なくこなせる筈。
合体攻撃とかボーナスを意識して戦闘をこなしていればかなり楽で、
主人公への集中攻撃とかが無い限り負けることはないだろうし、
防御を駆使すれば余裕。

え、ていうか周回ボーナスとか変化無し?な感じでやり込みとかとも無縁。
シーン回収作業じゃないですかーやだー。←こういう口調がいっぱい出てくるのには辟易しました。

しゃーまんず・さんくちゅあり ~巫女の聖域~しゃーまんず・さんくちゅあり ~巫女の聖域~
(2010/11/26)
Windows

商品詳細を見る
トラックバック(0) 
2010/11/13 16:28 【エロゲー感想



一言:プリモルートが別格で非常にレベルが高く、全般的にはシリアス戦闘パートなどは評価出来るが日常パートはもう一歩。だけどHシーン数が致命的に少なかったのはエロゲーとして駄目でしょ。


何よりもまず演出の巧さが本シリーズの特徴であると思う。
象徴的なのは戦闘シーンとライブシーン。
シナリオ+αの魅せ場をしっかり設けるところに本シリーズの強みがあると思う。

本作は『Chu×Chuパラダイス』や『ユニティマリアージュ』と同様に、
ファンタジー設定を背景にシリアス、バトルがメインに据えられているタイプ。

自分は3年前の無印の感想では戦闘モノをメインに据えた方が良いと書いていたし、
特に『Chu×Chuパラダイス』では完成度が高く、その傾向が本作でも如実に顕れている。


ただシリアスパートに重きを置いた一方で、そうではない日常パートが若干弱くなってしまっているのが一つ。
具体的にはアイドルネタが弱かった。
本作では前作の上杉うたルートに相当する魔界ネタから離れたアイドルルートが存在せず、
全般的に魔界での話に絡んだシリアスな方向へと向かってしまっている。
これ自体は欠点だとは思わないが、雪乃だけはアイドルネタに専念した話でも良かった気もする。

あと無印は性格的にもチュチュ=チューアだったのでその二人の出番の数にそれ程不満は無かったが、
本作はチューノと合体する二人がそれぞれ=という訳ではないから、チューノ単体の扱いに違和感を感じた。
あの合体ネタは無印の設定があってこそだと思う、大ヒットタイトルだから名前使いたいのは分かるけど無理を感じた。

ルート別だと、

・ルーチュルート

及第点。
姉妹を探す話で方向性で魔界ネタである必要性もあるしきちんとしているが、地味。
もうちょっと主人公とイチャイチャしても良かったと思う。

・雪乃ルート

あんまり面白くなかった。
雪乃ルートは本筋が雪乃じゃなくて万里の社長の話になっていたのが駄目だったのだと思う。
万里の社長の話自体は良くても、その評価が雪乃に対する思い入れに繋がらないからなぁ。

・プリモルート

チュチュもどきかと思ったらそのシナリオのレベルの高さに愕然。

前半のアイドル生活というコメディ色溢れる日常パートと、
後半のプリモに隠された秘密をめぐるシリアスなパートの対比構造が上手く機能していた。

吸血鬼モノではありがちな話かもしれないが、独創性は十分にあるし完成度は高い。

このルート単体だけなら『Chu×Chuパラダイス』を越えていると思う。
正直Chu×Chuシリーズではこのレベルのシリアスなシナリオが読めるとは想定していなかった。


感覚的には上から65点、50点、85点。


で、何より本作で致命的な問題点と言えるのは特にHシーンの少なさだと思う。
各ヒロインSpecial含め4回ずつ(内1回ずつ妄想)って今までのユニゾンシフト作品でワーストじゃないか?

参考までにChu×Chu無印は

チュチュ・アストラム…8
仲内知由…8
チューア・チュラム…5
上杉うた…8
ヒヨリ・ピクシー…8
リップ&キッス…1

だったと3年前の自分は記していた。


妄想シーンが一番濃くて他は普通レベル……実用云々言うには絶対数が少なすぎると思うし、
これはエロゲーとしては改めるべきところ。ていうか何で今まで出来てたのに出来なくなってんの。
一番実用的なシーンはHシーンじゃなくてチューノがポロリするところだったと思う。

あとフェチっていうのかな、そう言うのも本メーカーのウリだと思ってたんだけど、もうそこも皆無だったし。
逆に穿ってFDとかの為にアイドリングしたみたいな商法なのかとも考えられるけど、それにしたって本作は少なすぎた。

Hシーン増やせば自然とそこに行く過程だとかでヒロインとイチャイチャする流れが出来る訳で、
他のどんなシーン増やすよりここきちんとすれば萌えゲーとしてもエロゲーとしても形になって是正されると思うんだけどな。


・主人公について
ユニティの乙女さんの弟子という設定で今回戦闘もこなす主人公となっている。
傍観者としてただ居るだけの主人公とは違い本筋にもガンガン絡めるこの手法は良いと思うし、
少なくとも本作の戦闘モノっていうコンセプトと咬み合っていた。


・サブキャラとか

朝倉麗華とかいうキャラ……何でいたの?時間切れとかでルートが抹消されたキャラなの?という位に全然話に絡んで来なかった。

今回は魔界ネタが多くて必然的に無印キャラの出番も多かったが、
その分今作からのサブキャラは明確な敵キャラを除き出番が少なく、
越後屋とか牛山妹とかももっと本筋に絡めても良かったのではないかと思った。
先にも言ったように元々FDでやるっていう話だったのかもしれないけどね。
こっちは寧ろそういう媒体で消化すべき所かもしれないし欠点とかではないけど、
麗華だけは本当に存在意義がまるで見えてこないで時間切れ感を感じた。

「Chu×Chuアイドる2」情報は特設ページで公開中!
トラックバック(0) 
プロフィール

海月

Author:海月
当BLOGではレビューや批評ではなく感想と表記。




    follow me on Twitter



    批評空間
    http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/user_infomation.php?user=kurage

    作品評価データベース
    http://www.accessup.org/pj/6_B3A4B7EEA4B5A4F3/profile.html

    filn
    http://filn.jp/friend.pl?id=522

    mixi
    http://mixi.jp/show_friend.pl?id=5480529

    コミックダッシュ!
    コミックダッシュ! kurage の所有コミック







    最近の記事
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブロとも申請フォーム
    ブログ内検索
    応援中!
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。