FC2ブログ
 アニメ/エロゲーの感想や雑記を書いていくサイト。 
--/--/-- --:-- 【スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/09/09 20:54 【映画感想
まぁ、こんなもんかなっていうのが大体の感想ですね。後は主役はラミエルさんです。そしてこれはお尻アニメです。

因みに私はアニメをリアルタイム、ビデオ、DVDと数周し、旧劇場版も劇場まで観に行き、漫画版も単行本では読み、プラモ作りやグッズ購入、設定資料集、専門雑誌記事等もぼちぼち読んでいたというそれなりにエヴァとの付き合いは長いオタクです。

さて、本作は一見さんお断りです。今までエヴァは観て来なかったけれどもこれを機に劇場で観てみようという方は回避推奨、日常パートが無い等というレベルではなく本当に必要なシーン以外を省いて構成されているものですので、予備知識無しに観ても理解できるものではないでしょう。設定云々の話以前にキャラクター達の行動の流れが
途切れ途切れで描かれているのですから、急に場面転換して面食らってばかりになるのでは、と。

お話は基本的には原作通りで上記にある様な省きもあります、サキエルが第四使徒になっていたり、ドグマにいるリリスが別の仮面を被せられていたり、その辺りの設定面の話は後述します。

所謂名シーンとされる部分だけ集中して劇中で採用されていたのには少々あざといかなとも思いましたね。エンターテイメント的にも必要ですし、皆重要なシーンなので理屈としては分からなくもないのですが。


作画は「良い」位です。「素晴らしい」ではありません。劇場アニメという媒体では及第点ではありますが、それより上は無い。寧ろOVAレベルなのではないかという印象さえあります、リメイク作品だというせいもあるのでしょうが。最初の動きの少ないサキエルや、動かない人物達には非常に不安を感じたのですが、最後まで観ての感想は動きすぎるという事はないものの、それなりに動いているアニメでした。

態とアナログチックに描くという所も見受けられましたが(主に人物描写において)、何といいますかあの時代にあった良さで今の良さとは又ずれてしまい、今新たに又この様な作風を改めて使うとなると何か少し違うのではという事も感じました。あと何か一寸ジブリっぽかった所があると思ったのは気のせいでしょうか。そのアナログチックな作画の空気が似たものを感じたのです。ポストジブリ、一般層受けするアニメーション文化という事から来る邪推でしょうが。

それと思ったのはこれはお尻アニメです。スタッフの物凄い熱意が感じられます。ミサトさんの脚とかもね、うん。こういう拘りが何となく感じられるってのは凄いいい事だと思います。そういえば綾波を押し倒すシーンで乳首はアウトなのかなぁと思っていたらその後の着替えで普通に出てきて何なんだと、チラリズムに拘りがあるという訳ではない事は分かりました。

美術面は今風に仕上がっており、特に良かったと思うのは第3東京市やジオフロント、基地内等のつくりが良く見えるという事ですかね。ただ、3D表現を用いる事による違和感というのもありましたね。エヴァ射出の際などが特に違和感、それまで2Dだった初号機が急に3Dになるのだもの。一寸話がずれるのですが、2Dと3Dの融合に関してはサクラ大戦が一つの境地となっていたと私は思います。エヴァの話に戻して、この3Dに関しては建物の描写等においてはとても有用だという事は分かるのですが、2D背景との浮きっぷりもさることながら、何だかどれだけ手が込んだものでも2Dの背景に比べてどうしてもチープに感じてしまうのです。書き込みをするのは大変だという事は分かるのだけれど、矢張りそうやった方が見栄え的には好きだなという感じです。

この辺りの映像表現全般においては一部を除いて、劇場パンフレットの鬼塚氏のコメントにある様に「CGって平均点を挙げるのが得意。80点は取れるんですが、100点は難しいんですね。100点目指すスペシャルカットなら、作画の方にお任せした方がいいと思います」。これに尽きると思います。

その一部を除きの一部の部分ですが、一つには矢張りこの作品の主役とも言えるラミエルさんがあります。この方は別ですっ!あの発想は無かったっ!
ラミエルの元々の形状からして確かに3Dには合うとは思いましたが、思った以上に良かったですね。そしてあの多様な変形スタイルとエヴァの世界観から外れない様な形態のセンス。噂に違わぬトランスフォーマーっぷりでした。

色彩、光、画面効果等について。この辺りについては全般的に良かったと思います、技術は進歩する一方ですし、光の表現についてはデジタルが断然良い具合に仕上が感じがしますね。
幾つか取り上げて見て行きますと、初号機の緑部分を蛍光緑にするのは個人的には余り好きになれませんでした、物凄い浮いた色ですし初号機の基調カラーである紫のシルエットとのバランス的に如何かと思うのですが、これが庵野監督の言うやりたかったことなんですよね。

主題歌は鑑賞前、鑑賞中はやや芳しく無く思っていたのですが、流れてくると結構合うなと。
残酷なテーゼや魂のルフランあたりは劇場版の最後に流れたりするのかなぁ?とも思います、劇中歌として上手く使われたら鳥肌モノでしょう。


以下暫くは設定面のお話です、変更点に焦点を当ててぼちぼちと。

第一使徒、第二使徒であるアダムとリリスが序盤から登場。ドグマの下にいるのはリリスという事は判明しており、妙な仮面を被っている。ゼーレの下には本編でミサトさん達が当初アダムと呼んでいたリリスと思われるものがあったのですが、これは何を意味しているのでしょうか。リリスが二人?そもそもアダムの設定変更?そういえばゼーレの下にいたリリスはロンギヌスの槍が刺さっていないのに下半身が無かった様な気がしたのですが、あれは何だったんだろう?そこまで考えて観ていなかったので、本当にそうであったか確証が持てていないのですが。
そもそも本編では地下のアダムはダミーであって、本物のアダムは加持さんが持ってきた胎児でした。漫画版ではアダムはゲンドウに食べられていましたね。

サキエルが第四使徒と決定された事により第三使徒が不明となっています。シンジがつれてこられて15年振りに使徒が襲来したという旨が粗方カットされていましたので、もう既に倒されているのかな?と

第六使徒襲来前にゲンドウが倒すべき使徒は後8体という台詞があるのですが、それだと第三使徒を倒したと仮定すると六から十三までの使徒しかいない事になります。だとしたら尺の関係なのでしょうかね、使徒の中には結構削れそうな方もいらっしゃいますし。というかOHPによると逆に新たな使徒もいる様で。

そういえばシャムシエルさんも随分お変わりになって・・・ヤゴっぽかったですね。シャムシエルさんで気になった点は自爆の後にあの光の触手が初号機に刺さったまま残っていたという事。なぜあれだけが共に自爆しなかったのか。シャムシエルさんが直接出していたものだとすれば、出力である本体が消えるのならば本体が無くなれば消える筈、仮に独立した武器だったとしたらの方が未だ分かりますかね。まぁ相手に刺して切り離された際に消えちゃうと困るのでって言う武器の理屈としてはそんなに不思議な話ではないのですが、一寸強調されていて気になったもんで。
設定資料集とか出たら解説されますかねぇ?

ループに関しては未だ何とも言えませんが、シンジくんのポータブルプレイヤーが25~26をいったりきたりしていたのは繰り返しの中で終わりの模索をしているのではないかという事も考えましたね。

ゲンドウがシンジとレイの接触までもが死海文書どおりのシナリオと断定していましたね、個人的にはレイをそういう駒みたいにゲンドウは使うんだぁって思って観ていました。

トウジはどうなるのか、大団円するって言う位ですから死なないのかなぁとは思っています。

まぁその辺りの概ねの所は今後公開される続編で分かってくる事でしょう。


全般的に観て、本作はエヴァ本編を大筋は変えないまま作り直し。確かに技術的には全てほぼやり直したという事は分かりますが、新たに得るという物は少ないリメイク、リニューアルの域からは出ないと思います。その点次の「破」に関してはオリジナル要素も多数あるという事で期待していますね。アスカも出ますし。

次回もサービスサービスです。

テーマ:新劇場版新世紀ヱヴァンゲリヲン・序 - ジャンル:映画

トラックバック(0)  コメント(0)

管理者にだけ表示を許可する
≫≫ http://kalcatraz.blog77.fc2.com/tb.php/234-a8817569
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

海月

Author:海月
当BLOGではレビューや批評ではなく感想と表記。




    follow me on Twitter



    批評空間
    http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/user_infomation.php?user=kurage

    作品評価データベース
    http://www.accessup.org/pj/6_B3A4B7EEA4B5A4F3/profile.html

    filn
    http://filn.jp/friend.pl?id=522

    mixi
    http://mixi.jp/show_friend.pl?id=5480529

    コミックダッシュ!
    コミックダッシュ! kurage の所有コミック







    最近の記事
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブロとも申請フォーム
    ブログ内検索
    応援中!
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。