FC2ブログ
 アニメ/エロゲーの感想や雑記を書いていくサイト。 
--/--/-- --:-- 【スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/07/03 17:22 【映画感想
三回目行ってきました。

えーリツコの電話相手はマヤでした、そうよね、普通に考えればそうだし、話の内容もちゃんと聞いたら参号機の起動実験で松代に向かう件を話してました。マリは日本ネルフ側とは今の所加持さんとしかつながりが見えないという結論ね。
 
 
・4号機の爆発事故で無くなったのはどの基地か。

無印の設定から考えてるとネバダ州にあると言われるアメリカ第二支部で、参号機が作られていた(前設定によると)アメリカ第一支部のどちらかがゴルゴダベースなのだろう、ていうかBase うんたらかんたらって一応表記されているシーンはあるので回収しようと思えばきっと回収出来る。とりあえずアメリカ北米支部の何れかの基地が無くなって、残っている方にダミーシステムと参号機があって、それがネルフ日本支部に行ったという話は間違いないだろう。
 
 
・プラグ深度とシンクロ率
 
今まで一度も触れませんでしたが、前はシンクロ率が400パーセントとかで人の状態を保てなくなったとかいう感じになっていましたが、今回はLCL濃度とは別にプラグ深度という指標によってシンクロ率の変化、人の域を超えるか否かみたいな設定がなされています。バルディエル汚染時にやばかったり、ビーストモード時はマイナスになったとマヤが言っていたので深度の値(マイナス表記)が低いほど人から離れるという具合なのだろう。
 
 
・バルディエルからゼルエルへ

バルディエルはヱヴァを侵食してパターンを青(使途)に、その経験を生かしてか、ゼルエルは綾波と零号機を侵食せずに捕食することによってパターンを青から零号機の識別へ(白とか黄色だっけ)置き換わるというのは、少しでもリリスに近づくための使徒の共通意識の成長云々みたいな感じなのだろうか。
 
 
・小物の話

歩道橋の注意書きは「架空電線注意」でした、それからミサトとリツコが車に乗っているシーンで道路に~~電源注意みたいなことも書いてあって、あれはヱヴァの電源プラグ関連のモノがあの辺にありますよーってことなのかな。
前回マギっぽいやつのリツコから見て右側R左側Lの話をしましたが、右側RRRRと続いて一番下がLになっているところが一箇所・・・反対側はそんなことなかったので誤植か何かなのか、意味があるのかどうかちょっと判断出来ない。

黒板ネタ、前回までは萩原朔太郎とか幾つかは拾えていたがちゃんと書いてないと忘れる、6時間目1020cut追加何たら、4時間目選択各自努力せよ!とか、日によって毎時間書いてあることが違うのでこればっかりはDVDやらBlue-Rayで観ないと回収は無理かなぁ。
 
 
・虹と蛇

まとめサイトは存在しか知らないし他の人の考察も殆ど読まないのですが、これに着目しているという説もあるそうなのでちょっと見ていたところ、バルディエルを倒した後に出る「虹」に対して弐号機がシンジ君を伴って外に出るシーンで最初に焼け焦げている物は「蛇口」!つまり「蛇」!・・・・そんだけです、ネタです。


・マリの「寒い」発言とくしゃみ
 
・・・なんで寒いんだ?単純にIPEAだかIPAE(弐号機が封印されている場所)の温度が低いからとかいう理由だけじゃなさそう。
 
 
・旧作との比較

屋上にマリが降ってくるシーンはトウジに殴られて青空を見上げているシーンからの変化
弐号機と外に出る際にシンジ君の手に血がついている所はアスカを~~~にしてナニしたやつで、その後のマリの台詞「行っちゃったか」は「イッちゃったか」にかけてるんですねきっと、みたいなことは意識できるよね。
 
 
・結構ぶっ飛んだ考察 
 
浄水施設から少なくとも旧水上生物の生態系の崩壊は確実で、加持君とミサトさんが行った居酒屋のメニュー、刺身や海ぶどうなどの海産物はもし本物だとしたら実はあそこは私たちとの感覚とは違って超高級店とかなのではないだろうか。どちらもお金には困らなそうな職業であるしね、関連してアスカの持っていたワンダースワン。あれもセカンド・インパクト前の遺物な訳で、実は手に入れるのは超困難だけど式波さんは超エリートだからソレぐらい手に入っちゃうよ、みたいなそういう話があるのかもしれない、いや多分きっとないけど、そういう考えも出来ますという話。


今週三回目な訳ですが、マリは観れば観るほど良く観えます、あと何回かは観に行くかもしれませんが、考察はこの辺で一先ずそれなりには纏まったかな。


・(※ネタバレ有り)新劇場版ヱヴァンゲリヲン第二弾:破 感想と考察 初回鑑賞後

・(※ネタバレ有り)新劇場版ヱヴァンゲリヲン第二弾:破 感想と考察 2回目鑑賞後

・(※ネタバレ注意)新劇場版ヱヴァンゲリヲン第二弾:破 感想と考察 4回目鑑賞後

・(※ネタバレ有り)新劇場版ヱヴァンゲリヲン第二弾:破 感想と考察 5回目鑑賞後

テーマ:新世紀エヴァンゲリオン - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック(0) 
≫≫ http://kalcatraz.blog77.fc2.com/tb.php/301-3a5a2717
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

海月

Author:海月
当BLOGではレビューや批評ではなく感想と表記。




    follow me on Twitter



    批評空間
    http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/user_infomation.php?user=kurage

    作品評価データベース
    http://www.accessup.org/pj/6_B3A4B7EEA4B5A4F3/profile.html

    filn
    http://filn.jp/friend.pl?id=522

    mixi
    http://mixi.jp/show_friend.pl?id=5480529

    コミックダッシュ!
    コミックダッシュ! kurage の所有コミック







    最近の記事
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブロとも申請フォーム
    ブログ内検索
    応援中!
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。