FC2ブログ
 アニメ/エロゲーの感想や雑記を書いていくサイト。 
--/--/-- --:-- 【スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/07/07 01:57 【映画感想



とりあえず

・エウレカは可愛い
・まさかのニルヴァーシュ(ジ・エンド)萌えアニメ
 

が見所かな。かなり設定も本筋も変わっていて、梃入れすべきじゃなかっただろうという点も多々。ご新規さんが観ても観られるタイプではあると思うが、楽しめるかどうかは微妙な所、という感想。長くてもダメ、短くてもダメなのが本作の特徴になっちゃってるなぁ。
 
 
・妖精ニルバーシュ

かわいい、子供の頃の花のエピソードとかも言いと思うけれど、もうちょっとラストに戻ってきたとかいうだけじゃなくて花の話とかもしようぜとは思った。夢だとか器官、イマージュ及びエウレカのメタファーとしてのあの花があるーみたいな様にも見えるけどさ、それだけで終わらせてしまうのでは弱いと思う。

 
・月光号クルーの設定の大幅改変

物凄いとんでも設定が付加されていたけれど本作においては問題にすべき点では無いかな、この設定が無いと話進まないし。ただネバーランド云々だとか、ニルヴァーシュが完全覚醒 した後にホランドさんがキれてどこから出したきたのか物凄いゴツイ武装をして出てきたのはこれ殺しちゃ駄目っぽいのに何やってんのとは思った。
 
 
・無駄な戦闘シーン~敵とか陣営の話

ニルヴァーシュがファンネル使ってホランドさんと戦う所は見所になっていて、そこはまぁいいとする。

ただそれ以外の割と多めの戦闘シーンの必要性は余り感じなかった。喋らないイマージュだとか、無人機なのか有人機なのかの判断もつかない位喋らない(第何中隊が消えて~みたいな話の時の兵士位しか出てなかったよな?)敵ばかりで、要は異常に強い主人公機が無双するシーンを観ていても余り面白くないという話。今回ジ・エンド/アネモネという本編でのライバルキャラも敵として出てこないし、デューイとかアゲハ構想の子供達も居なくて単純に「敵」の存在が滅茶苦茶希薄なんだよね。物語に必ずしも敵が必要であるとは言わないが、戦闘をウリにするならもうちょっと魅せるシーンがあってもよかったんじゃないの?とは思う。

大体月光号メンバー、エウレカレントン、イマージュたち、賢者たちだとか軍隊と陣営を多く出す割には話の回収は半分位しか出来ていなかったと思う。イマージュはエウレカのエピソードを通じて、月光号メンバーはメインテーマになっているから消化は出来ているけれど、他の陣営は神の鉄槌とかやっている時にあいつら居たんだね状態。尺を取る割には大して深い話をしないし、寧ろ設定面の説明をするだけの存在価値しかなかった感じ。ぶっちゃけ居なくてもニルヴァーシュがどうにかするみたいな感じになるんだしなぁ。本編では月光号を追いかけてくるあの軍人の人とかも後半フェードアウトするし、指揮を執っているおっさんはあれ誰だよって思わなかった人は少なくない筈。本編でも出張っていた賢者の一人のおばさんは本作の根幹には関わっていた感じはあるけれど、基本的に月光号メンバー(エウレカレントン含む)以外の描写は本当にサブで終わってしまっているというか、回収がおろそかになるのなら別にその話出さなくても良かったねの法則に収束している気がする。

あとはキャラによる説明が多くなるのは(無いなら無いで意味不明になっちゃうだろうし)しょうがないとは思うけど、あくまでも表現が出来なかった時の最終手段として使うべきだっただろう。今回アネモネなんかは説明させる為だけにいたようなものだったし。
 
 
・特に終盤の無理のある展開について

タルホの子供の話はそれは先に言っておかなきゃダメだろ・・・夢の実現だとかホランドの命がかかってたりするのに何やってんのこいつら。エウレカが本当は・・・の件とかもそうだけどさ、話を無駄に後ろに回して視聴者的にはそんなこともう分かっていて、今更その話に戻るの?みたいなような展開が終盤は多かったように思える。

それからあの怪我とかそういう物理的な要素で話を動かすのはどうなの・・・あれやっちゃうと本筋が干渉出来ない強制的な流れになっちゃうし、レントン自身が最後の最後で失神してて、本人が何もしないで決着が着いちゃうってのは妙というか気が抜けてしまう。
 
 
・最後に色々

恒例の子供を育てる系の話のカットは妥当、本編ではエウレカの成長の意味合いを持っていたが、私は観ていても面白くないし尺の長さと内容(イライラするシーン多いから我慢だよね)に対して和解してからのリターン(感動とか?)が少なすぎて苦手だし、出来れば入れないで貰いたいネタだし。

エウレカが幼馴染キャラで人間性が無い設定が消滅してるのは人によっては(趣味的に)賛否両論かもしれないが、これはこれで有りかと。尺も無いんだしそんなこと一々やってられないでしょう。

サクヤと坊主をカットしてその設定をアネモネとドミニクにシフトしたり(ドーハの悲劇の生き残り云々の話でタルホとホランドにもちょっとあるかな)設定面の大幅な改変は悪いとは言わないが、その変えた設定の中で本当に重要なテーマだけに力を入れるべきだったと思う。

交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい [DVD]交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい [DVD]
(2009/06/26)
三瓶由布子名塚佳織

商品詳細を見る

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック(0) 
≫≫ http://kalcatraz.blog77.fc2.com/tb.php/304-43b4d4a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

海月

Author:海月
当BLOGではレビューや批評ではなく感想と表記。




    follow me on Twitter



    批評空間
    http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/user_infomation.php?user=kurage

    作品評価データベース
    http://www.accessup.org/pj/6_B3A4B7EEA4B5A4F3/profile.html

    filn
    http://filn.jp/friend.pl?id=522

    mixi
    http://mixi.jp/show_friend.pl?id=5480529

    コミックダッシュ!
    コミックダッシュ! kurage の所有コミック







    最近の記事
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブロとも申請フォーム
    ブログ内検索
    応援中!
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。