FC2ブログ
 アニメ/エロゲーの感想や雑記を書いていくサイト。 
--/--/-- --:-- 【スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/04/06 22:28 【エロゲー感想
ありそうで意外とない本格SF作品。



科学的要素を随所に絡めることで、設定とシナリオに説得力を持たせているというのが本作の特徴であり最も秀でている長所。
それに加えて軽快な日常テキストと魅力的なキャラクター、
これらを上手く活かして本作は非常に高いレベルでまとまっている作品となっていると思う。

因みに自分の好みだと
キャラクター:ルカくん>フェイリス=まゆしぃ>ルカちゃん=クリス>他
シナリオ:まゆしぃ>トゥルー=フェイリス>ルカちゃん>他
かな。ルカルートはシナリオの主軸がまゆしぃだったからなんか損しちゃってる所あると思う、
だからこそあのEDの良さがあるとも理解出来るけど。

まぁでもはっきりいって作品の出来不出来についてそれほど多く語ることはない、
その二元論で言うならば非常に良く出来た作品であるというのが私の感想である。

ただ、SF要素の設定の作り込みは完璧ではないとは思っている。
ライターが一貫して書きたかった、作りたかった世界観は完成されているし、
自分自身は本作全体の完成度を高く評価しているという前提で、以下に何故完璧ではないかと思うかを記す。
 
 
・「死」という事象が世界線において余りにも大事に取り扱われすぎている。

世界線超えたから死が回避出来ますってそこを否定しちゃ話にならないのは分かるけど、
与えられた設定だけでは理屈が弱いと思う。

たとえばルカが男→女に変わることと世界線を超えて確定した死が変化することに客観的な不等号がつけられない。その存在をまるっきり変換させた位では世界線が大して変わらないのに人一人ごときが死んだら大幅に変わるとか納得出来ねぇ。
そういう設定なのだからとかそういう話じゃなくて、折角のSFなんだからそこにもちゃんと説得力のある設定を作って詰めの甘くない世界観を構築しなよ!そこまでやったんだからさ!みたいな話。

あと最後のフェイズで境界面にとか言う割にそこが何故境界であるのかという必然性についての話が無かったよね。世界線だって不自然なまでにαβの二つだけしか語られてなかったりとかさ、前半すごい剣幕でタイムトラベルの設定について熱心に話したのが中盤~後半で大人しくなったのは力尽きちゃったのかなみたいな。そんな感じのギャップの存在は否めないと思う。ちらほらそうやって気になるところはあった。
タイムトラベルと平行世界は厳密には別個の科学ネタだから理屈捏ねられなかったのかな、
前者の設定の作り込みがスゴイからこそ、後者の設定の作り込みの弱さが際立ってしまっているように見えるんだ。
その辺が粗があると思える理由。


以下余談。

・先が予想できる。
ダルの話はまゆしぃのトリック暴きのとこのこういうトリックが仕掛けられていたんだよ(ドヤってやりたいのは分かったからいいんだけど、ブラウン管とかはあからさま過ぎるでしょ。なんか不自然なまでに今までスルーしていた要素が答えでしたーみたいなパターンが何回かあってなぁ、偶発性から生じるタイムマシンとかご都合主義至上なのもこの作品のウリなのは分かるけど、あぁでもFBとかは逆に情報なさ過ぎて全然分からんかったわ。

・鳳凰院凶真ネタはもうちょっと使っても良かったんじゃ?
ベタだけどまゆしぃとオカリンの過去に凶真自身或いは「鳳凰院凶真」が書いた/作った/描かれていることが影響しているとかさ。1975年に戻る話とかは設定全然なかったしただ漠然と数十年過ぎましたー以外の話をどこかしらで入れてもとは思ったっていうかそこがブランクになってたから気になったっつー話。実はドラマCDとかでそういう話はしてたりすんのかな、ゲームしかやってねーからよくわかんないけど。

・雷バトラーはミニゲームとか或いは外注で専用CGとかは出来なかったのか。
あのシーンすっげぇ地味じゃん!俺はWin版勢だからいいけど箱版の人は4℃の立ち絵すらなしだったんでしょ!あれが主軸のシナリオにするならもっと力入れてもよかったろ!とは思った。

STEINS;GATESTEINS;GATE
(2010/08/26)
Windows

商品詳細を見る
トラックバック(0) 
2011/03/19 21:55 【応援中
『ワルキューレロマンツェ』応援中です!
トラックバック(0) 
2011/03/08 05:43 【真面目な話
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110306-OYT1T00619.htm

TPP参加とか言ってる人はマジで言ってんの?
第一TPPの内容分かってんだろうな、

関税の撤廃による貿易の自由化 だ け じ ゃ ないよ。

FTAとかEPAとの大きな違いは、TPPが労働力や法律といった分野、
関税 以 外 の領域まで自由化しようっていう極悪なモノだという点。

まず条文にある「政府調達」の項目について説明しようか。
噛み砕いて言えば国規模から地方公共団体レベルまでの公共事業を参加国内で完全公開入札制にするというもの。

例えば海外のやっすい労働者を武器に海外企業がそれを受注する、
今円高だし労働力の賃金の違い以外にも海外企業が進出する為のお膳立ては整いまくっている。

それがどんな影響を及ぼすか分かりますか?

今まで日本の企業や日本の労働者がやっていたそれらの事業は全部海外にかっさらわれる。あたりまえだけどそれは海外の利益になって日本の利益になる訳もなく、勿論企業は倒産、失業率の増加は免れない。

加えて外国の低賃金労働者達によって作られた国民が使う橋、ダムといった建造物。安全性は日本の企業のソレと比べてどうなると思いますか?
日本の建造物の基準とかノウハウとか 外 国 人 が、ましてや日本語も分からないような低賃金労働者達がちゃんと勉強して来るかな?指揮する人が有能だったら一切耐震偽装とか欠陥建築になるようなことはないかな?
皆日本でどれくらい地震とかが多いとか分かってやるのかな?海外でやってる通りに作ると崩れちゃうから、今までのやり方とは勝手が違うという前提で取り組んでくれるかな?仮に取り組んだとしても、それ全く経験がない状態でやるのと一緒だけど大丈夫かな?

で、それ日本の税金で払うんだよ。分かりますか?

もう少し説明しようか。

何よりTPPの邪悪な所は最初に少し触れた「関税以外の領域の自由化」、言い換えると「非関税障壁」の撤廃。

例えば日本の失業率が上がるとか、そういう事態になって日本が日本人労働者を救おうとすると、貿易に対する「非関税障壁」と見なされて協定違反になってしまう。

どういうことかっていうと、労働者っていうのはこの協定の中では平等に扱われなければいけないから、たとえ日本国内といえど日本人労働者だけを特別扱いしてはいけなくなる。

参加国内の人は皆平等だから海外からの出稼ぎの単純労働者の数を制限したりも出来ないし、それを雇うのが海外企業なら日本語すらいらない。海外の企業は日本語しか出来ない日本人の単純労働者なんて雇わないよ。そりゃそうだ、だって日本人賃金高いもんね、TPPに参加したら日本人の単純労働の雇用は一切無くなると断言してもいいよ。

これがTPPのルール!これがTPPに参加するってことですよ?全然拡大解釈とかじゃなくて只書いてあること読んだら分かることですよ。嘘だと思うなら条文読んでみればいい。

分かります?

これに参加すると日本国内の弱い立場の人からどんどん国際化という大義名分の名の下に潰されていくよ。だってこれで弾かれた人を助けたらルール違反になるからね、誰も助けてくれないよ。それとも何?日本人の労働賃金を中国よりも人件費の安いベトナム位まで落としちゃう?デフレ加速するね。税収も減るし失業率も増えるし国が衰えちゃうね。生活レベルは衰え常に失業の嵐。でもだーれも助けちゃくれないよ?それがTPPっていう無差別の超国際競争社会で生きるってことだもん。


以上の自分の意見でいくらか思う所があれば是幸いと考えますが、あくまでもこのTPPという非常に多岐に渡る分野へと跨った極悪な取り決めの内容の氷山の一角を述べているに過ぎません。

「農業保護」の是非も確かに一つの問題ですが、それもまた氷山の一角であって、その二元論のみで語れるほど簡単な政策ではありません。正に「木を見て森を見ず」、まずはこのTPPというものがどのようなものであるかをきちんと把握した上で議論を始めるべきです。現段階で多くの日本人はスタートラインにすら立っていないと思います。

菅政権が何らかの実績を残したいというただの政治欲によって推し進められたが故に、国民への説明は不十分なまま唐突に話題に登った政策です。しかしながら決して安易に賛成などするべきではありません、これは上に述べた通り未だかつてない程日本の将来を直接的に左右するような代物です。
トラックバック(0) 
2011/02/28 01:39 【映画感想


前回と違い今回はほぼオリジナル。
「ライブシーン」だけが面白いという汚名は返上出来たかな。
総集編的映画では全くなかったことももちろんだが、
それでなくとも本編よりも高い完成度で仕上がっていると思う。

最近の河森作品にはめずらしく構成がきちんとしており、全編通して特にだれることもなく、ライブシーンを随所に挟みながらも説明シーンを長く引き伸ばさないで進められたのは◯

たしかに唐突なオズマの説教や急に説明口調になる点はしばしば見られたが、
はっきりいって今までのマクロスFシリーズから考えるといい意味で取るに足らないレベル。
余計な要素ガンガン排除してって要点だけ頑張って説明するみたいな制約があったからこそ上手く言った感じがある。
ライブシーンも1つ目のは前回ののインパクトのせいで若干地味に思えたが2つ目以降は非常に視覚的にも面白かった。3D映画ってこういうのの方が向いてるかもなーとはちょっと思った。

子供時代シェリルは反則、全般的にシェリル優遇。
その分ランカファンにとっては納得のいかない所もあると思うので多少覚悟をしていったほうがいいかな。
ライブシーンはかなり可愛いから勧められるけど。

従来のシリーズのファンとしては、イサム登場はまさかのサプライズ。今何歳だよあいつ!
展開はゼロを彷彿とさせたしライブシーンでクランとミシェルがファイヤーボンバーコスだったり。
あとはあれか、マニアックなとこだとブレラがゴースト使ってたとこ。
本編ではルカがゴースト使ってたのをあれあれ?また事件起こったらどーすんの?とかあーだこーだ言ってたけど今回はそのルカが開発してたのをブレラが使ったーと見るのが妥当かな。

他には背景に鉄腕アトムやらゲーセンでおむかえでゴンスのぬいぐるみがあった。
手塚治虫っつーか制作会社に何かしら関連があるのかな?
トラックバック(0) 
2011/02/26 21:23 【イベントレポ
休憩ちょくちょく挟みながら上手柱側~中央辺りを行ったり来たり。
milktubライブと客層が一緒なので激しさはいつも通りかそれ以上だった。

セットリストは割愛、2月に出たイベント名と同名のアルバムからも結構(てか全部か?)出てたのでまだよく曲を覚えてない人もいたっぽい、聴きこんでおいてよかった!むっちゃ楽しめました!帰りぐしょ濡れで外出たら寒くて死にそうになったけど、地元でよかった。

んで発表。

・電撃ストライカーは主題歌遠藤正明の兄貴とか言ってた気がする。

・milktubは今年全国ツアーで仙台、名古屋、大阪(とあといっこあったかも?)で東京は10月上旬とか言ってたかな。

・d2b×DEARDROPSのライブ決定らしい、DEARDROPS×d2bだったような気もするけどきっと前者だった。
流石に何かしら商品と併せで来ると思うけど時期はこれは言ってなかった・・・かな?

PSP版DEARDROPSの内容についてはりむパパが出るとかなんとか言ってた位であんまりゲームの話はしてなかった。
今回はmilktubのメンバー兼エロゲー会社社長のbambooさんがメインじゃないし、出演者の想いとかそういう話が多かったのはいつもとちょっと違う趣があった。

んなとこですかね。はるうられはちまちま作ってるからもうちょい待って下さい。
トラックバック(0) 
 ≪ BACK ≪   ≫ NEXT ≫ 
プロフィール

海月

Author:海月
当BLOGではレビューや批評ではなく感想と表記。




    follow me on Twitter



    批評空間
    http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/user_infomation.php?user=kurage

    作品評価データベース
    http://www.accessup.org/pj/6_B3A4B7EEA4B5A4F3/profile.html

    filn
    http://filn.jp/friend.pl?id=522

    mixi
    http://mixi.jp/show_friend.pl?id=5480529

    コミックダッシュ!
    コミックダッシュ! kurage の所有コミック







    最近の記事
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブロとも申請フォーム
    ブログ内検索
    応援中!
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。